志村けんの代役は誰?エールでの役名は小山田耕三!放送日はいつ?

志村けんエール

2020年3月30日からNHKの連続テレビ小説エールの放送が始まりました。

このエールに先日お亡くなりになった志村けんさんが出演される予定でした。

志村けんさんの役は取り直しするのではという噂もありましたが、すでに撮影しているシーンはそのまま放送されることが発表されました。

志村けんさんは何役で何日に登場するのでしょうか?

また志村けんさんがこれから出演される予定だったシーンの代役は誰になるでしょうか?

ここでは志村けんさんが演じていた役柄について紹介し、代役についてお届けします。

エール志村けんの役名は小山田耕三!

志村けんさんが演じているのは日本の音楽会を代表する作曲家小山田耕三です。

志村が演じるのは日本を代表する作曲家、小山田耕三・役。

窪田が幼少期に手に取る作曲学習本の著者として名前が登場するなど、物語にも大きく関わってくる役どころだ。

引用元:スポニチ

主演の窪田正孝さん演じる古山裕一が尊敬する人物であり、彼の人生に多大な景況を及ぼします。

主演の窪田正孝さん演じる古山裕一の幼少期に影響を与えた作曲家の役柄です。

古山裕一と小山田耕三の絡みをまとめると

  • 古山裕一は小山田耕三の著書を呼んで作曲勉強をし、尊敬するようになった。
  • 古山裕一が成功させた演奏会についての新聞記事を読んで小山田耕三が古山裕一の存在を知る
  • 小山田耕三が作曲していた第一応援歌に感銘を受け、古山裕一は応援歌を作曲していく
  • 小山田耕三が古山裕一を推薦し、コロンブスレコードとの専属契約する

志村けんさんが演じる小山田耕三は古山裕一とのからみが多いのでこれからが楽しみですね。

小山田耕三のモデルは誰?

山田耕作

小山田耕三のモデルとなっているのは「赤とんぼ」などの作曲で知られる山田耕筰さんです。

古山裕二のモデルとなっている古関裕而さんは、山田耕筰が執筆した「作曲法」などを買い集め、独学で作曲法を学びました。

古関裕而さんは山田耕筰さんの楽譜をほとんど覚えているほど尊敬していたと言われています。

志村けんがエールへの出演を決めた理由

志村けんさんは「エール」への出演がドラマ初出演です。

始めて俳優をしたのは「鉄道屋」で、主役の高倉けんさんから直接オファーを受けて出演することになりました。

コント番組を一から自分で作り上げてきた志村けんさんにとって、監督や演出家の言うとおりに動かなければならないので、俳優業は避けてきたそうです。

しかし、今回のエールについては二階堂ふみさんが共演するということで出演を決めたと言われています。

過去に二階堂ふみさんと共演したときに志村けんさんのほうがすごく気にいったようです。

2018年公開の「飛んで埼玉」で二階堂ふみさんの演技力についても絶賛していますた。

志村けんの出演シーンは放送される?放送日はいつ?

「エール」の公式Twitterで、志村けんさんの収録シーンはそのまま放送予定だと発表されています。

志村けんさんがエールに初登場する放送日は5月1日(金)の予定です。

エールの第25話になりますね。

志村けんの登場は何話分?

志村けんさんがエールの撮影が始まったのが2019年12月。

2020年3月6日が最後の収録になったようです。

これまでに3シーン分の撮影がすでに終わっていて、次の撮影予定日は4月上旬の予定でした。

しかし、志村けんさんがコロナウィルスに感染したことをうけて撮影日を後ろにずらして調整していたようです。

この3シーンが何話分に相当するかは不明です。

志村けんの代役は誰になるの?

小山田耕三・役の志村けんさんの代役はどうなるのでしょうか?

NHKの発表によると

その後代役を立てるか出番をなくすかなどの対応については「検討中」

との事です。

代役を立てて他の方が演じるのか?脚本を変更して出番をなくして役の出番をなくすか?を検討しているようです。

志村けんの代役についてSNSでの声は?

加藤茶

ビートたけし

榎本明

やはり長年ともに仕事していた加藤茶さんにして欲しいと言う意見が一番多いようです。

エールのほうは収録も進んでいるでしょうから、今後の展開に注目していきましょう!

まとめ

志村けんさんが亡くなり、本当にショックが大きいですよね。

最後の出演シーンまで志村けんさんの演技を見ることができなかったのが残念ですが、

収録分については、そのまま放送されるそうですので、

志村けんさんの演技を楽しみにしたいと思います。