氷川きよしの紅白2019の衣装は黒。歴代衣装の比較画像まとめ!

氷川きよし 紅白衣装

氷川きよしさんの2019年の紅白歌合戦に「限界突破×サバイバー」で出演しました!

取材に対して氷川きよしさんは、

今年は最高の1年で、最高の締めくくりができる。紅白70回目で僕も20周年。そんな素晴らしい節目の年に出られて、感謝の気持ちでいっぱい。『限界突破』でいつか紅白に出られたらという夢があった。本当の自分、ありのままの自分を表現しようと思っていた

引用:スポニチ

2019年氷川きよしさんはジェンダーレス宣言をしてから女子力が上がって美に磨きがかかり一気に中性的なビジュアルに変化しました。

紅白の前にはどのような衣装で出演するかが大きな話題となっていました!

それで氷川きよしさんの紅白衣装について深掘りしていきましょう!

氷川きよしの紅白2019は限界突破!衣装は黒。

紅白の演目「限界突破」のステージの様子です。

ドラゴンボールの主題化らしく大きなドラゴンに乗るというど肝を抜かれる演出。

見に行っていた人は大迫力だったでしょうね!

氷川きよしさんは2019年の紅白出演の衣装についてこう語っていました。

(衣装は)紅組のようで、白組のようで。赤でもあり、白でもある。皆さんが期待してらっしゃるような…。きーちゃんらしく。“きよしくん”はちょっとさようならして、私らしくって感じ

引用:スポニチ

紅でもあり、白でもある。ん?紅って自分で言ってしまっていますね。

これは事実上のオネエのカミングアウトとして捉えることもできますね!

実際の紅白のステージでは紅白の着物で登場しました。

そのあとすぐにお色直しとなり、先ほどのドラゴンと共に黒いセクシーな衣装で熱唱しました。それではきーちゃんの勇姿をご覧ください!

氷川きよしの衣装のデザイナーは?

氷川きよしさんの衣装のデザインされいているのは大場由香里さんです。

現在はフリーのデザーナーとして活躍されていますが数々の有名アーティストの衣装をデザインしています

  • MALICE MIZER
  • Gackt
  • Kozi
  • 氷川きよし
  • THE ALFEE 高見沢俊彦
  • D’espairsRay
  • DIGO⭐︎STARDUST
  • Kamijo
  • FANATIC CRISIS
  • ローリー寺西
  • 香奈
  • 小林幸子

また制作チームは

  • スタイリスト:伊藤典子
  • スーツ担当:鈴木剛
  • 変形衣装担当:齊藤ヒロスミ
  • 変形衣装アシスタント:増田義幸

変形衣装の担当がいるということは大掛かりな仕掛けになりそうですね!

氷川きよしの紅白出場はいつから?

氷川きよしさんは毎年紅白に出場されているイメージがありますよね?

氷川きよしさんは2000年に「箱根八里の半次郎」でデビュー。その曲がヒットしたのでその年から紅白に連続出場しています。

2019年の出場も決定しています。脅威の20回連続出場。すごいですね!

氷川きよしさんのデビュー当時は正統派の演歌歌手だったという記憶があるあらも多いと思います。

これまでの紅白歌合戦の歴代衣装の変化から氷川きよしさんの変化を追ってみましょう!

氷川きよしの紅白の歴代衣装変化まとめ

2000年初出場「箱根八里の半次郎」の衣装

氷川きよしさんは2000年にデビューし、いきなりその年から紅白出場。

本人は歌手として生き残っていけるか?と悩んでいたそうですが、かなり早い段階から売れ出したようですね。

2001年「大井追っかけ音次郎」の衣装

2002年「きよしのズンドコ節」の衣装

氷川きよしさんといえば「きよしのズンドコ節」ですね!

全身真っ赤な衣装が印象的です。

この時のとなりにいるダンサーはこの頃に一斉を風靡していたパパイヤ鈴木ですね。豪華。

2003年「白雲の城」の衣装

これまでの華やかな洋服とは一点して和風の袴になりました。キリッとしてますね!

2004年「番場の忠太郎」の衣装

ここから2年間は王子様系の衣装が続きます。

2005年「面影の都」の衣装

2006年「一剣」の衣装

氷川きよしさんはこの曲では日本レコード大賞も受賞しています。正統派演歌歌手の衣装ですね!

2007年「きよしのソーラン節」の衣装

2008年「きよしのズンドコ節」の衣装

2回目のズンドコは白。

2009年「ときめきのルンバ」の衣装

ルンバの世界感をだしています。楽しそうですね!この年から3年間は面白い世界観のステージになります。

2010年「虹色のバイヨン」の衣装

アラブの王様でしょうか?めちゃくちゃド派手ですね。

2011年「情熱のマリアッチ」の衣装

テーマはスペインの闘牛士ですね。スペインは情熱の国ですし。

2012年「櫻」の衣装

ここから2年間はまた王道の王子様スタイルです。

2013年「満点の瞳」の衣装

2014年「ちょいときまぐれ渡り鳥」の衣装

渡り鳥をイメージして江戸時代の旅人風の衣装にしたそうです。

2015年「男花」の衣装

このあたりからビジュアル系へ移行する片鱗がでてきましたね。

2017年「きよしのズンドコ節」の衣装

もう全身金色で眩しいです。

鼻筋もとおり現在の氷川きよしさんにかなり近づいてきました。

2018年「勝負の花道 〜世界に響く和太鼓SP〜」の衣装

真っ赤なドレスがすごく素敵ですね。

顔立ちも現在にかなり近づいてきて、ジェンターレスな雰囲気がでてきました!

これまでの衣装をみてみると、白や原色が好みのようで派手で明るい印象があります。

2019年、氷川きよしさんはジェンダーレス宣言をし、限界を突破してなりたい自分へときはなたれたようです。

メイクやネイルをしてシースルの衣装でステージに登場しています。

ぜひジェンダーを超えた美を追求した衣装で華麗に登場してほしいです!