まつげパーマとマツエク、どっちがいい?実体験から考察したメリットとデメリット。

この一年間でマツエクとまつげパーマを両方体験しました。私の体験と着地点をお伝えします。

40代はまつげも曲がり角!?

40代に突入して、ビューラーで上がりにくくなり、しかもカールもすぐ取れる。マスカラをつけると重みで下がってくる。悲しいですよね。。。

目を少しでも大きく見せたいがために、何年も毎日ビューラーでガシガシあげてウオータープルーフの繊維が入っているマスカラをたっぷりつけていました。まつげが上がりにくくなってきたので、だんだんエスカレートしてきたんですよね。。。

そんな悩みを抱えていた時に友人がマツエクをつけていたのを見て、私もトライすることにしました。

初めてのマツエク

私も普段のメチュラルメイクに合うように、自分でメイクしてマスカラをつけた感じになるように仕上げてくださいとお願いし、10ミリと9ミリの長さデザインしていもらいました。付けたのはセーブルのCカールです。

初スクステの仕上がりはあまり満足がいかなかったです。

まつげが細く力がないので、エクステの重みに耐えられず、まつげがすだれのように下がり、どうみてもぱっちりには見えませんでした。

友人にも「どうした?今日は目がやばいよ。」と言われましたしね。。。

仕上がりをよくするにはまつげの状態が肝心

施術中に、セラピストさんから私の右目のまつげがはげかかっているし、全体的に細くなっていると聞きました。ビューラーを使うと、まつげが抜けるのでよくないですというお話を伺いました。

え〜!今まで何十年も毎日ガシガシビューラー使ってたのに。。。大事なまつげが減ってしまうなんて悲しすぎます。

まつげを増やすためにまつげ美容液を使うようにと勧められました。

オススメされた「資生堂プロッフェショナル アデノバイタル アイラッシュセラム 」を使っています。

まつげのためにはマツエクを続けてビューラーを使わないようにするといいですよ、と言われました。

しばらくエクステを続けみた

エクステしてビューラーをやめてまつげ美容液をつけたらまつげが復活してくると聞きて、私のエクステライフが始まりました。一度エクステをつけると、抜け落ちて来た時が、自分のまつげとエクステをつけているまつげが混ざって、もうどうしよもなくヘンテコな感じになるんですよね。

だからエンドレスでエクステをつけ続けることになりました。

通うのも通う時間を見つけるもの維持費も結構かかります。ホットペッパービューティで安いところを探してもいい感じをキープするためには毎月最低でも5000円程度はかかったと思います。

エクステにもいろいろな種類があるよ

まつげに力がない人がぱっちり目を実現するためには、できるだけ軽いエクステをつけることが秘訣です。

ミンク→セーブル→プレミアムセーブル→フラットラッシュ→グードラッシュ

の順番で軽くなると思います。フラットラッシュ、グードラッシュは毛の断面積が平たいので、自まつ毛との接着面積が増えて持ちもよくなるとのことでした。

そして、軽くなればなるほど値段があがります。

セラピストさんによっては、「フラットラッシュはカールが伸びやすいし、プレミアムセーブルとフラットラッシュだったらプレミアムセーブルのほうがオススメ」という方もいらっしゃいました。

仕上がりのぱっちり感にこだわっていた私は最終的にグードラッシュに行き着きましたが、ここまでくると月の維持費は7000円程度になりました。

軽さだけでなくカールの強さでもいろいろ種類があってカールが弱い方から

Jカール→ Cカール→Dカール

となります。

根元からぐいっとあげたかった私はカールもどんどんきつくなって、Dカールという種類を使っていました。でも、これでも私の場合はビューラーで根元からぐいっとあげたような感じにはならなかったです。

まつげのコシが失われていたんでしょう。

マツエクでもまつげにダメージあり!?

マツエクがマイブームになり、いろんな人にマツエクの話を聞きまくりました。意識して周りを見てみると予想以上にマツエク率が多かったです。

アイメイクが楽になる。すっぴんでも口紅をつけたらそれなりになる。メイクの時短になる。という理由が多かったですね。

でもね、私は気づいてしまったんです。

せっかくマツエクしててもまつげが垂れ下がってきてぱっちりではなくて眠たそうな目もとになっている人が多いことを。横からみると如実に分かります。

そんな時、マツエク経験者の方から「まつげが細くなりすぎてエクステがつけられないので、しばらく(数ヶ月)お休みしたほうがいいですよと、セラピストに言われました」というお話を聞きました。

なぬ〜!

私はビューラーを使わずにマツエクの方がまつげにいいと思っていたのに、エクステでもダメージあるなんて!

がっかりしましたね。。。

私が理想とする根元からぐいっと上がってぱっちり広がる、というのも叶わないし、まつげも痛むし。

エクステをつけ続けて1年弱で、私にとってのエクステの限界が見えていました。

まつげパーマ派との出会い

そんな大げさなものではないですが、親しくしている友達がずっとまつげパーマ派だったんですよね。エクステに夢中になっていた私は彼女の情報をスルーしていました。

ですがある日、彼女のまつげが濃くて長くて、綺麗に上がっているということに気がつきました。何年も近くにいたのに不思議です。

「まつげ、濃いし綺麗にあがってるよね」と改めて尋ねると、

「ずっといつもまつげパーマしてるよ」

とのこと。

私はそのとき、マツエクよりもまつげパーマで根元からあげて土台を作り、その日の気分によってマスカラで伸ばしたほうがいいのでは?とピコーンときました。

まつげパーマセラピストとの出会い

いたんですよ。身近に。都内のママ友おそるべし。自宅でネイルとまつげパーマをしている人を紹介てもらいました。

彼女はお友達とそこからの紹介でお客さんを取っているそうです。

4ヶ月前に最後のマツエクをしてから、まつげが生え変わるまで2ヶ月待ちました。パーマの施術をする前日に残っているエクステは自分でハサミでカットし、自分のまつげと長さを揃えました。

まつげパーマもオーダできます。根元からあげるだけで毛先はまっすぐとか、まつげ全体にカールをかけるか。あげ方もカールの強さも、型を変えることでいろいろ選択できます。

私はその日のシチュエーションに合わせて、マスカラで長さを作りたかったので、根元からあげるだけで毛先はまっすぐという仕上がりになるようにお願いしました。

仕上がりと満足感は?

一年今日に渡るまつげに関する考察と体験の結果、私の場合はまつげパーマで根元のみ持ち上げてもらい、その日の予定と気分でマスカラで好みの形に作るというのが一番合っていました。

まつげパーマでいかなる時も根元からまつげが上がっているだけで、すっぴんでも少し華やかな目元になります。

私のようにまつげのコシが少なくなっていても根元から上がるのが嬉しいですね。

ビューラーもエクステもつけていないので、まつげが抜けていた部分にも新しいまつげが生えてきました。

美容液をつけることをうっかり忘れてしまう時もありますが、ダメージの原因を取り除いたので真面目に継続すれば長くなってくると思います。

まつげパーマと相性がいいマスカラは?

クレンジングも肌に負担がかかりますので普段はアイメイクも石鹸で落とせるようなものを使っています。

具体的にはヒロインメイクの第3のマスカラです。石鹸とお湯だけでオフできると書かれていますが、石鹸だけではちゃんとは落ちないですね。下まぶたについた落ち残ったものに馬油をなじませてティッシュオフすると綺麗になります。

夏は汗を書くので第3のマスカラですが、冬場はもっと落ちやすいお湯だけでおとせるフィルムでいいかもしれません。

フィルムだと「イミュ デジャヴュファイバーウィッグ ウルトラロングF 」が繊維の感じが好みだったのですが、これはビューラーであげたまつげのカールが失われるので使わなくなりました。汗にも弱いんですが、お湯だけで本当に綺麗にオフできるところが良いところですね。

まつげパーマならデジャヴュでもカールがキープできるかもしれないので、夏が終わってから試してみます。

まつげエクステとパーマどっちがいいの?

私の場合、加齢とともにまつげが弱ってきたのでパーマに落ち着きました。

基本的にメイクは好きなほうですし、マスカラでまつげを作るのも苦にはならないので、メイクがめんどくさくないかた、かつ、まつげをあまり痛めたくないかたはパーマがおすすめです。しかもこちらの方がマスカラ代も含めて月々の維持費はエクステの半分以下です。

エクステの良さは、めちゃめちゃもれること。アイラインを引かなくても目力がでること。ですので、とにかく日々のメイクの時短したい。そして、まだ若くてまつげにコシがしっかりある場合はエクステの方がおすすめですね。

以上、一年に渡るまつげジプシー放浪記でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。